Create  Edit  Diff  メモリーズオフ  Index  Search  Changes  History  PageRank  RSS  Source  Note  Login

Ever17俺設定

原則

とりあえず、以下の条件を満たすもののみ。

  • 本編に矛盾しない範囲内であること
  • それによってシナリオが面白くなること

潜水艇の電源バッテリー不足

何故電源バッテリー不足が起こったのかを、ここで考えてみる。

そもそも不具合があった。もしくは電源バッテリーが元々足りていなかった。

研究員達は我先にと逃げ出しており、脱出方法は既にほぼなくなっている状況だったが、何故か1艇だけ残っていた。そこから考えると、緊急用の潜水艇の管理が悪かったため使用できなかったから残っていた、という可能性も十分考えられると思います。また、管制官に潜水艇の存在を教えたのはライプリヒの研究員であるだろうし、生存させるような情報を教えるのは少々不自然です。機密保持のため死んで貰ったほうが助かる立場では、不具合のある潜水艇ならば逆に都合が良かった可能性もあります。しかし、この情報の提供者が八神ココの父親であったならば、この可能性は無視できる確率が高いでしょう。

バッテリーは十分であったが、想定外の事態により不足になった。

不足になった理由を当時の描写から考えてみると、潜水艇に乗る直前に動かないピピを二人は発見しています。しかし浮上後ピピは動き出します。エピローグの描写から考えて、ピピの電源は勝手にONになったりはしない模様。そしてピピが動き出した時つぐみは放心状態だったので、ONにしているとも考えられない。ですが浮上後ピピが動き出します。という事はピピの電源は既にONだったと思われます。電源ONだったにも拘らず浮上後まで動かなかったのは何故か。電子犬だと知っていたのはココだけであり、あの状況から考えると充電を行う事が出来なかった。つまりバッテリー切れを起こしていた。そしてバッテリー切れを起こしていたのに、浮上後動き出したとするなら、潜水艇内で充電されていたという事に。誰が充電したかと考えると、機械に詳しいつぐみが状況から電子犬だと気付いた、と考えられると思われます。

状況的に1もありえますが、描写的には2が一致する部分が多いため、個人的には2ではないかと考えています。

Last modified:2010/05/01 21:24:24
Keyword(s):[Ever17]
References: